忍者ブログ
<< 2017/01 >>1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

OFDMのシステムにおける伝送速度を算出する際、5つのパラメータが必要となります。
(1)サブキャリア間隔:(サンプリング周波数)÷(FFTサイズ)
(2)1シンボル当たりのビット数:変調多値数が4のQPSKならば2ビット、変調多値数が64の64QAMならば6ビット、つまりlog2になります。
(3)符号化率:符号化率が3/4ならば、lシンボルで伝送できる情報ビット数は、(符号化後のビット数)×(3/4)になります。
(4)データ・サブキヤリアの数:1536が一般的です。
(5)ガード・インターバルのシンボル長に対する比:1/4,1/8,1/16,1/32から選択します。
計算式は次のように表されます。
最大伝送速度=(サブキャリア間隔)×(変調において1シンボルで伝送できるビット数)×(符号化率)×(データ・サブキャリアの数)×〔(1+ガード・インターバルのシンボル長に対する比)の逆数〕

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス②
インターネットというネットワーク内で、そこに接続しているコンピュータが保有するIPアドレスを「グローバルIPアドレス」と呼ぶ。グローバルIPアドレスは個人や企業などが勝手に設定することはできない。インターネットで利用されるアドレスとして国際的な機関により管理されるからだ。
これに対して閉じられたネットワークとして構築されているLANでは、プライベートIPアドレスが利用される。もちろん1つのLAN内で同じアドレスが存在することはできないが、たとえばA、Bという2つのLANがあり、両者は物理的に接続していないとする。AというLANに「111.111.111.111」というプライベートIPアドレスのパソコンがあっても、同時にBというLANにも「111.111.111.111」が存在することができる。なぜなら、AとBは互いに違うLANであり、このアドレスは各LANの中で唯一のものだからである。
価格はリーズナブル★iphone 4s
PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]